大言壮語カス
140704

早いもので、もう半年が過ぎた。
たまにはログ上げでもせんとなぁ。
こちら味噌王国は、リニアやら駅前再開発やらで、施工会社による職人の奪い合いで凄いことになっています。いやはや、こういうのって重なる時には重なるよなぁ。こういう急いでいる状況からも、(主にJR東海やトヨタが)何でたこ焼き王国に金リニアを走らせてあげなアカンのかって思ってるのがヒシヒシと伝わってきます。

であるから、モノを建てようにも施工会社が、「勘弁してください。」ってな感じになってる。この流れは、いつまで続くのやら。てなことで、少し趣向を変えようと、今度は焼売王国に旅してます。時々だけどね。
 まぁ、タコ焼き王国は位置関係から西へ西へだった。やはり、こちらは東か北がテリトリー。東の世界は、また未知の世界で、いろいろ期待してる。どこの土地にも、旨いモン、あるよな。(って、そっちのことかい?笑)
 でも雰囲気がちょっと違っていて、向こうの方々、結構、ドライです。いや、私の熱い魂も少し抑えないと浮きそうデス。そんなこんなで、トロトロとやってます。

まぁ今日は、大言壮語だけご立派な御仁の話
いや、何処にも居る。そういう人。いつも、言うことだけは、凄いこと言ってる人。
また、その人、うるさいのったらなんの。仕事の最中は、ヒヤー、フー、エー、とかの擬音、独り言や溜め息をたてまくり。PCマウスは叩きつけてカンカンさせながら使う。実際の所、大人のアスペを疑っている。
あまりにうるさいんで、陳情してその人の席を隔離して貰った。そう、私だけでなくて、他の人も、そう思ってた。

 その人、さもありなんの知ってる専門用語が、次から次へと出てくる。けど、いざ、実際に「何か創りだす」段となると、全然ダメなんだな。これが。
出てくる哲学が、凡庸過ぎて全くの面白みに欠ける。他と戦うコンペでそれ。

 廻りの皆は、いつも、あれだけ偉そうなこと吐いているんだから、さも凄いモンが出てくるのではと期待してたけど、興ざめ。知識と創りだす哲学はまた違う。

 その人の設計の規範は単なる機能と法律だけ。建物って創る人の思想信条や人生哲学が、色濃く出るもの。特に今回の施設種は、個人の哲学が強く求められるMuseam。
 皆、その人が物件担当になった時点で、今回は捨てゲーなんだと内心で感じていた。それと何故、奴にやらせるんだって疑問も強かった。いや私だけかと思いきや、皆、感じてるモンだな。
 しかも、その御仁は加えて、全くの段取りとスケジュール管理が出来ないときてた。今回も最後の最後に、皆に泣き付くと思う。若者たちは、そうなるんなら、もっと前に放り出してくれと言ってた。以前、奴が勝利したコンペの話を聞くと、奴が創ったモンをぶち壊して、ぜーんぶ若者が作り替えて勝ったみたい。勝利を偉そうに語ってたけど実際はそうだったんだと、妙に納得した。
私の中では、御仁の評価が「大言壮語カス」になった。
 もうね、こういう御仁は技術だけを求める業務だけに専念すべきと思う。変に色気を出して新しい哲学なんて作り出せないんだから。

結果は、想定通り惨敗。当たり前だ
何故?何故?とか言ってたけどさ。
廻りの皆が「その自覚がない時点でダメだわな」と言ってた。
| つぶやき | 18:40 | comments (0) | trackback (0)
Comment
コメントをどうぞ...









Trackback URL
http://ink.yh.land.to/sb/blog.cgi/231
Trackback





↑この広告は借用サーバーから送られてくるものでコンテンツと関係ありませぬ