また1年過ぎたなぁ
101230
前のログが秋バージョン
ブログに飽きた訳でもなく、ログを挙げる暇すら無かった。
気付いたら、もう寒い季節になってた。汗;
年末休みに入って、掃除して、散髪して...新年を迎える準備中。
散髪と言えば、こちらでは専らカット○○円の激安床屋ばかり。以前のように床屋談義を楽しみたいと思っていたんだが、いかんせん、歩いて行ける床屋がない。
自動車で行ってサッと済ましている。

 鰹節王国通いは相変わらず続いてる。建物はもう形になってきた。このワクワク感はどこでも同じ。いろいろ内部を決めて、あと少しで私の手から離れそうなところまで来た。後は現地の皆さんの頑張りに掛かってる。今回も私の携わった物件のご他聞に外れず、遅れ気味。ぎりぎりまで絞って仕様決めたりしてるのもひとつの要因。今回は現地に、私以上に「こだわりの男」がいるから、その影響もデカイ。地域地域で出会いがある。ここでも面白い男と出会い。大切にしたい。
とは言いつつも、味噌王国からは遥か離れているので、どう繋がってゆくかは想像だにつかない。ただでさえ関西圏からも離れてしまったのだから...。

 赤福王国が新しいテリトリーに加わった。こちらは庭園の方々の相手。
どこへ行っても、庭園の方々の言うことは同じだなぁとしみじみ感じる今日この頃。
しかしながら、私を育ててくれた学びの園、懐かしくもあり、寂れ感に困惑したり、青春の想いがフラッシュバックしたりと感情が錯綜してます。
こちらは来年、またシュラバラバンバを迎えそう。

猿ボボ王国へ行くと、もう、そこは雪景色。
チェーンの無いノーマルの車だったので、業務もそこそこに急いで帰ってきた。
こちらも実際に創る人々が決まって、現場をどう動かしてゆくかを考え始めました。
雪景色を見て、地域によってこげに違うのかと言うことを、実感しています。
その地に住む人々に合わせたしつらいと言うのを満たして行くことが非常に大切ということを肝に銘じたいと思った。

 今年、味噌王国に来て明らかに変わったこと。それは蛸焼き王国では、一匹狼だった私。その私に仲間が増えた。仕事の関係もあるが、私一人では到底こなせない業務量。またコイツなら私のノウハウを伝授しても良いかなんて思える男達に出会えたことが大きい。
ハンカチ王子が「何か持ってる。それは仲間」って絡みを語ってたけど、私にも大事な仲間が増えた。新しい展開に嬉々としています。来年も、その仲間と前へ進んでいこうと思ってます。

それでは、皆様、良いお年を!
| つぶやき | 12:43 | comments (0) | trackback (0)
Comment
コメントをどうぞ...









Trackback URL
http://ink.yh.land.to/sb/blog.cgi/221
Trackback





↑この広告は借用サーバーから送られてくるものでコンテンツと関係ありませぬ