<< October 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
落葉と若葉と
090404
春4月になってしまった。
書きたいことがいっぺぇあるけど書けねぇなぁ。
ネットでは微妙すぎる。書けるもんだけ書いてみよ

長いこと通ってた鰹叩き王国でやっとお上の認可が降りた
いつもは電車とか公共交通機関で移動するのだが、書類の大荷物だったんでレンタカーなぞを借りて廻ってた。そこで気づいたこと。
こちら関西で乗ってるときよりも、やたら落葉マークが目立つ。
最近では落葉マークは「いじめ対象」となるので義務ではなくなったみたいだが、表示したい人には咎められない。
やはり地方では、高齢となっても車に乗らないと移動手段に困る部分があるのだろう。

この落葉マーク、何だかゆっくり運転の免罪符になってる。2車線の追い越し車線でも悠々と走行。多分、関西地区だったら即ホーンの感じ
でも誰も鳴らさず、いらつかず。ワタシもそんなに急いでなかったので、その流れに従って後ろについてタラタラと...。
後ろで運転を見ていて判った。すべてに反応が遅いのだ。ウィンカー、ブレーキ、ハンドル...。それを見ていて、こりゃ後ろにいたらヤバイと思って追い越した。
やっぱり、落葉マークは必要なのかもと思う。

お、そう言えばETC休日割引を試しに名神に乗って味噌王国へ行った。
家族揃って、料金案内で\1,000と出るのを楽しみにしてた。
しかし出たのは\1,850-
「何でだよ〜」との連呼
後々、調べてみると、同じ名神でも大津以西はまだ対応してなかったとのこと。
がっかりした。まぁ空いていたからヨカッタけど

おっと、一方の若葉マークだったな

4月になって帰りの地下鉄
新入社員と思しき若者二人組と酔っ払いのおっさんが口論してた。
若者、完全に切れてる感じ
その横には、鉄道警察隊
会社に入りたて早々、やっちったって感じだった。

確かにおっさんは鬱陶しい。俺もそう思うときは多いぞ
でもまともに対応したら駄目だぜ
学生時代はケンカで済んだことが社会出たら、即、笑い事ですまなくなる。
折角、この不況の中、就職できたんだから我慢しろよ。

まぁ後少ししたら、そんな酔っ払いばっかしで自然と慣れるんだけどな。
それにしても最近の新人
髪型がキレイなのか汚いのかわからないスタイルが多いな
長髪も紙一重に思えるのだが...。
明らかに似合ってねぇ男もいるな
まぁこれはお節介かもな。
| つぶやき | 01:56 | comments (4) | trackback (0)
黒髪
090307もう3月、三寒四温を繰り返して春に向かっている。
巷にちらほらと見かける着物姿の女性たち
たぶん、大学、短大なんかの卒業式なんだろう。
言ってみれば、これもこの季節の風物詩だ。

先日のこと。満員の通勤電車、ぎゅうぎゅうに押されて吊革につかまる。
立った前の座席には、着物姿の女学生らしき2人組。満員電車なのに着物の裾を気にすることなく隣同士で喋りに夢中。
満員電車で押されて裾を踏んでしまいそうで辛かった。着物の汚れを全く気にかけていない彼女らと言うよりも、どうしても彼女らの後ろにいる親御さんたちの姿が浮かんでしまったから。
満員電車の中、何とか着物の裾を踏んずけないで良い足の位置を確保し、車窓の景色を眺める。「今日も雲行きが怪しそうだなぁ。」とか考える。
着物姿の女学生さんたちを見下ろす。「キレイな黒髪だなぁ。」と思う。
で、変なトコにみつけたツムジ。普通ならば後頭部に近い位置にありそうなのに頭頂部にあった。「何か変だなぁ。」
良く良く見ると、そのツムジ。色が肌色でなく黄土色なのだ。
それで気づいた。「カツラだ。これ」
わかった瞬間。黄土色があまりにもゲテモノのように見えてきて吐き気がした。
隣の娘さんは茶髪。たぶん、この黒髪の娘さんもそれに近い姿なのだろう。
学生生活最後のイベントに控えての、黒髪へのイメチェン
美しい黒髪なんて思って損した。(笑

フェイク
美しいと思ったいたものが、実は偽物だった。
本人達は至ってへっちゃら。
この国の政治家も、そんなものなのか。
| つぶやき | 13:24 | comments (4) | trackback (0)
春、遠からじ
090222
 寒い寒いと言ってたんだけど、そこかしこで梅の花が蕾から開花へって流れになってきた。人間が後ろでリモート設定している訳ではないのにきちんとこの季節になると花が咲き出す。やはり凄いです自然って
 その反対に政治はグダグダ。酒で晴れ舞台をぶっちゃけちゃった酩酊大臣。晩節を汚しちゃったねぇ。もう早く解散してくれってーの
やっぱり政治は人がリモートしてるんで駄目なんかな。政治には神がいる訳でないんだなぁ。

 前ログの近所の解体工事が終わったと思いきや。今度はそこに民家建設だってさ。想像していた通りだけどさ。やっぱり静かな環境が、ある期間阻害されると思うと憂鬱な気分だね。ここにもそっち方面の愚痴が増えそう。ここはワタシの掃き溜めみたいなもんだから堪えてつかーさい。
 同じよな業界にいるワタシ、やること、ある程度は想像できるんで余計に腹立たしいこともありそう。ま、人の振りしてわが振り直せってね。やられて嫌なことは、関係している工事で他人にもしないってことで肝に銘じようっと。

仕事の方はと言えば、鰹叩き王国に申請関係で行ってる。厳しくなりましたよ確認申請。ホント。出す資料が半端ない。
ま、それは仕方ないことなんで置いておいてと。

やっぱり、あのボンバルディアは嫌ですわ。アメリカで同型機が堕ちたなんて聞くと、余計に嫌になってくる。早く飛行機変えてくれないかなぁ。
日本のジェット機開発ってどうなってるの。早く開発してくれよ。
ただ、開発されたとしても、実績がないだけに怖そうだけど。

 先日、乗った際は隣の乗客の若いお兄さんが顔を真っ青にしてエチケット袋に吐いていた。揺れていたのは揺れていたんだけど、それほどのもんじゃなかった。着陸した瞬間にホッと胸をなでおろしてた。想像するに、あれは恐怖から来るもんじゃないんだろかなんて思った。そう思ったら、ワタシも怖くなってきたぞ

そんな感じの今日この頃です。
| つぶやき | 17:53 | comments (2) | trackback (0)
埃だらけ
090208♪ ほこりだらけの車に、指で書いた To love・・・。
by Yuming

近所で家の解体工事をしている。
ガラガラ、派手に音をたててやってる。
我が家の車はホコリだらけ、ワイパー廻したらその後がくっきりさ

「ホコリや音に気をつけてやります。」との監理してる人間の挨拶だったが、現場はお構いない。
来ている人間も最低で、わーわー下世話な話を言いながら、廃材で焚き火バンバン
タバコ吸う吸う。その辺に吐き捨て。

 まぁ近い業界にいるので、挨拶に来ている人種と解体している人種は違うってことわかってるから、あんまり怒りすら湧いてこないが、ひどいねぇ。
見ていると若い人間が酷い。もう昔のように、上の人間の指導すら聞いてない感じ。この世界、親方たちの言う事も通じなくなったんだろうか


自家用車に傷だけはつけてくれるなよ。早く終わって去ってくれと切に願うのだ。

仕事の方は何となく落ち着いた。
これから第2ステージに突入って感じ
隙間に突っ込まれた仕事の方
そーっと存在を消し去ろうと思っていたら、先方&上の人間がワタシの参入を指摘してきた。もう、昨年のような地獄の沙汰、過労死状態、デスマーチはいやだよーんと思ってたけど、逃れられない宿命のよう。人員補強を指摘したけど、やっぱり足りない様子。色々なこと。順々に訴えていこうと思ってマス。
| つぶやき | 13:56 | comments (0) | trackback (0)
風邪が流行ってるんな
090125
新年になって全然ログ上げしてなかった。
知らないうちにもう1月も終わりだ
仕事の方は、昨年の続きがそっくりそのまま残っている。
まぁ今年もこれにかかるんだなぁ

帰省から帰って、即、風邪を引いた
酷い風邪で、体の節々が痛々で発熱も高っかい。
もう他ごとにかけるような熱意が沸いてこなかった。
今、考えるとアレはインフルエンザに違いない。
予防接種を受けた他の家族は全員へっちゃら状態。

予防接種代金をケチったツケがこんなんで廻ってきた。orz
しかしながら、これで免疫がでけたので大丈夫
ちと違うか(笑

コドモの学校のクラスでは「学級閉鎖」になった。
うれしそうに家にいたが、カミさんの「変わりに春休みに授業があるのよ」
の一言に「なんで私は風邪ひいてないのに、春休みが減るの」と怒り気味

巷でもマスクをしている人を良く見かける。
聞くところによると「予防」でかけている人もいるみたい。
そうだよなぁ。やっぱりあの風邪のダメージはデカイ。
ひいてわかる健康てか!

つい最近、すげー奴を見た。
マスクして、額には熱さましシートを張っているお兄さん

「おいおい、そこまでしないといけん仕事か。」

気持ちはわからんでもないが、廻りにいる人間もひいてしまうだろ。そりゃ

それにしても映画「感染列島」はこの時期ならではなのか。
洒落にならん奴も出てきそうだ。

皆様も、風邪には気をつけてください。
| つぶやき | 17:40 | comments (2) | trackback (0)
ゆく年くる年
081230
今年の仕事納めは結構早くてのんびりとした年の瀬を迎えてマス
毎年行っている年末大学研究室の同窓会にも出席してきた。
皆、年を食った。気持ちだけは若いけど...。

その電車行程の中、行く先々で大きなキャスターバッグを引きずり、手に土産袋を持った人々
大きな鞄を揃って床に投げ出しているおっさん達の集団は、どこかの現場で働いていたのだろうか。そんなことを考えながら、年の瀬ムードに浸っていた。

皆、帰省で懐かしい故郷に向かうのだろう

そうやって故郷へ帰ることが出来る人達がいる一方で、寒空の下、解雇され宿がない人のニュースを聞くとやりきれない

来年は良い年になるといいな
景気はともかく、人が大事にされる社会を期待する

そんなこんなで、帰省して新年モードに入ります。
じゃ、また来年
| つぶやき | 12:33 | comments (2) | trackback (0)
晩秋
081214
秋深し隣は何をする人ぞ

知らない内に秋も終わりに近づいてた。
紅葉の写真を撮りに行きたいなと思っていたら、もう季節は終わってた
近所の公園へ行ったら、すっかり落葉していた。
御堂筋でも、いちょうの落葉が黄色の絨毯のようになっていて、そりゃー秋の黄色がキレイです。大阪府知事が自慢したくなる気持ちもわかります。

紅葉の写真を撮りに行くと、すげーカメラを持ったおやじ達の品評会みたいで何だかなぁなんて思えてくるんで、ま、良いか。

仕事の方は、当方在籍してるとこもこぼれることなく世の中の不景気旋風に晒されて厳しい模様。今夏の個人的苦境を考えれば、もう仕事は勘弁ってな感じだったんで、少しゆっくり仕事をさせて貰おうなんて思ってる。
でもこう全体的に調子が悪くなってしまうと、給金自体にも影響が出てきそうで恐ろしい。

 巷での非正規労働者の解雇や各所の民事再生なんて聞くと、あんだけ好景気に騒いでた会社達がなんでまたと思える。
 小泉時代に会社の調子が悪くなったら「切れる部分」(巷では調整弁と呼ばれているなぁ)をうまくシステムに組み込まれてしまった感がある。ウチも多くの派遣の方々が去ってゆく。好景気の時には、頑張っている人間に還元値が小さく、不況になれば有無を言わさず切り捨てる。踏んだり蹴ったりのシステムだな。

日本の政治家も堕ちたもんだ。
こんな時代だから、池田勇人元首相の伝記本 沢木耕太郎著『危機の宰相』を読み返してみた。最初は国民にも怪訝に思わた「所得倍増」の理念を掲げ邁進した時代の宰相の話を顧みた。

時代が良かったとも言えるが、政治家にはこういう国民を幸福にする施策を掲げてほしいと願う。「所得倍増」のスローガンは夢や大風呂敷みたいに語られているが、それにはきちんと理論的にもフォローするブレーンの下村治氏が居た様子。
ブレーンと言えば小泉元首相に付いてた竹中氏が挙げられる。が、根本は違ってるな。竹中氏の理論は企業さえ儲かれば良いシステム

企業だけが得をするシステムでなく、ましてや困れば消費税を上げれば良いみたいな簡単な話に堕としてほしくないんよねぇ
何なんだよ。3年後の消費税上げが、既成事実みたいになってるのは...。
国民の多くはそれについて了承してないぞ。
漢字すら読めない宰相に、未来を決めてほしくないなぁ

財源が足りないのはわかる。消費税上げが必要なこともその通りなんだろう

でもさ。
その使い方の思想や理論を示してくれよ、きっちりと選挙でさ。
| つぶやき | 14:08 | comments (2) | trackback (0)
リズムセクション
drumline.png
 仕事の方は後処理的な作業をゆったりと(人間らしく)しようとしてたら、新しい仕事をぶち込まれてしまった。これで元の木阿弥。やっぱり企業、タダでは余裕をかまさせてくれない。orz
 それでも夏の非人間的な扱いから比べれば、ちったはましになった訳で、ここで強論調のログも書けることが、精神的にやっと元に戻った証拠って感じ。

コドモの学校の音楽会に行ってきた。
やっぱり音楽は良いね。気持ちを変えてくれる。コドモ達の歌声を聞いていると安らぐ。目を瞑って聞いていた。何で黙想か?
ビジュアルがダメダメだから...。小学校は制服が無いから、あーいう舞台に立ってしまうとバラバラな服装がいかにも雑多なイメージを与えてしまう。小学校は家庭の経済状況とかあるんで仕方ないけどね。上、色を白い服、黒い服とか規定したらなんて思った。
それと器楽合奏、皆、一生懸命練習してるのは判った!(笑

でも先生が決めたのか。自主応募かわかんないけど、「リズム・ベースライン」が悪すぎ。中には他のメロディラインをぶち壊しにしてるのもあった。
タイコとかシンバルとかトライアングル(レッキとしたリズムセクションだぞ)は見た目、簡単そうなんで「僕、これにします。」とかなるんだろう。
モタル、ハシルは仕方ない。でも指揮者ぐらい見ろよ>オマエら(笑

中には、ビシッとリズムが決まっているクラスもあった。「おっ、やるじゃん」と見たら細い女の子。ただいかんせん。自信無さそうな力の無いキレイなスネア
やっぱり、打楽器、ビシッと決めてほしい。
音楽の先生もメロディラインの指導でタイヘンなんだろうなぁ。

シンバルとかの指導は「トライアングルの○○クン、ここで間違えないように鳴らす。」ぐらいで終わりなんだろうなぁ。

是非「打楽器が決まっているとカッチョ良いんだぞ。」ってなことを、声を大にして言いたい。昔、パーカッショニストの斉藤ノブ御大が良く言ってた。
「リズムセクションをナメルナ」なんて言葉が適当かな。

まぁ音楽なんだから、楽しめればいいんだけどね。
趣旨に反している?

折角、上手に演奏してるんだから、あまりにも残念だったんでさ。
| つぶやき | 08:43 | comments (2) | trackback (0)

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10]




↑この広告は借用サーバーから送られてくるものでコンテンツと関係ありませぬ