<< June 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
再 上 陸
100619
半年ぶりに関西圏に逆上陸した。
資格の講習で向かった先は、ゴーフルの地(まぁ洋菓子だな)
1年に一回、全国の人間を集めて成果を発表するもの。
新幹線停車駅の近くのホテルで講習は行われたのさ。久しぶりに関西人に戻る。
エスカレーターで見た風景が面白かった。(このホテルのエスカレーターが4層近く上がる長いもの)圧倒的に関東系の人たちが多いのだが、みんな左寄りだった。しかし、ここは関西の地、開始時間近くになると右寄りの人間が増えてくる。(まぁ思想的には、ほぼ逆か。そんなことは聞いてないか)
居住地が近くの関西人たちが時間ぎりぎりにやって来て、関東人と混在って雰囲気なんだろう。
 味噌王国上では基本的に関東圏と同じ左寄りだから、随分なじんできたんだが、ここは郷に入っては従うべきなので、関西風味に戻す。
そりゃ関西人に言わせりゃ「あんたらな、ここ関西やで。関西ルールに従ってもらわな、困るわ。」って言われそうだった。趣旨上、急ぐ人がいないから良いもんだが、公共交通機関でやったら困るだろうなぁって思っていた。
 2日間の缶詰めの日程、せっかくゴーフル王国へやって来たんだから街に出たい。そうなのだ。ここは若かりし頃、私が関西に初上陸して独身時代をすごした思い出の地なのだ。震災と前後して離れてしまったが、懐かしい思いが一杯詰まった街。良く休みの日にやって来て過ごした街。
 昼飯時には迷わず地下鉄を使って三宮へ、大体ホテルのメシって馬鹿高い。講習受けに来てた奴ら、二千円から五千円以上かけてメシ食ってた。皆、金持ちなんだな。アホくさ。
「中華」と言うのもベタなので、洋食だ。洋食だと意気込む。震災復興で店とか変わってしまってたけど、雰囲気や面影は変わってない。懐かしい高架下やセンター街、ぶらぶらした街。大通り沿いは震災で雰囲気は変わってしまっていたけど、路地裏は昔の雰囲気のまま再生していた。
 あいにくの雨の蒸し暑さで行動力が多少落ちた。あの頃、金、無くて神戸牛なんて食べられなかった。「儲けたら食ってやる」って思ってたんで、ステーキ店を探した。あの頃、あんまり気付かなかったけど、結構あるものなんだな。
しかし、店頭で出されているセット4千5百円也〜一万円也の数字にその意気込みが薄れる。
「旨いんだろうけど、これじゃホテルで食ってるのと同じでねーか。しかも、こっちは電車賃まで使ってるぞ...。」
そんなことに思いが至ったら次は早い。街の路地裏に向かって探し始める。探せばあるもの、五百円ランチ。それは良くあるチェーン店のファーストフード系でなく、街の居酒屋さんが頑張ってるモノ。
「そう言えば、昔もこうやって安メシ探して歩いたっけ。」
懐かしさに浸りながら、昼休みの短い時間を過ごした。
それにしても異人館のあの辺り、なんでインド人があんなに多いのだ。何かあるのか。昔はあんまり気づかなかったけど...。

晩はたこ焼国へ戻って、最後まで残ってた会社の手続きを済ませ、その流れで上のヒトと軽く一杯。近況や業務状況など、諸々の話をした。
まだ関西で別れの一献を差し上げてない方との邂逅をしたかったのだが、時間が無かった。スマソ。次はいつになるかわからんが、待っててくろ。その時は邂逅会だな
| つぶやき | 13:19 | comments (0) | trackback (0)
完全移籍

新春から続いていた味噌王国への移籍の手続きが、やっと終了した。
コドモの学校の手続きを含めて殆どの手続きは済んでいたのだが、車のナンバーの変更が済んでなかったのだ。と言うのも、このナンバー変更の手続き、一筋縄ではイカンのです。

写真は仕事を休んで、やっと変更終えた、新しい車でちとドライブした先で撮影したもの
続きを読む>>
| つぶやき | 00:55 | comments (0) | trackback (0)
根無し草から
100523
 味噌王国へ移ってもうすぐ半年に迫る。随分と通勤にも慣れてきた感じ。味噌王国地下鉄&名鉄はケチ臭く、冷房が入ってない日が多い。乗客殆ど上着を脱いでいる日も多くなってきた。
このケチケチ感は至るところで感じられる。たこ焼王国のおばちゃんに代表される、えげつなく明るい(笑)ケチケチ感でなくて、沈んだケチケチ感と言ったら良いのか。辛気臭い。
まぁ、たこ焼国のおばちゃん達に代表されるラテンのキャラクターが特異で、こちらにそれを要求するのも酷なのかもしらんデス。
 そして、たこ焼国から時々視察にやってくる人達(会社移転で偉いさん達が物見遊山に来るのだ)が、皆、口を揃えて、「ink君、味噌王国でハツラツとしてるねぇ。」と言う。
 基本的にはたこ焼国とスタンスは変わってない。違っていると言えば、あなた方に代表される上の人間のくだらない抑圧と阿呆ルールから解放された開放感からか。基本的には鶏口牛後の人なので、それが大きい。その人達には、はっきりと言わないけどね。そのうち、そのくだらないルールは地方からの逆ルールで全部変えてやろー(笑)って思ってるけどね。

 そんな間に大学、高校の同級生と会ってきた。皆、歳を取っていたが、会えば直ぐに当時の時代に戻れる。これって凄いことだ。まぁ大学の友人は同業者が多いので、話は近況の仕事の話とか景気の話とかになる。これは仕方ない。それに繋がりも全国で拡がってるんで、境遇的にも同じようなもの。あんがい時間はシームレスに繋がってる。
 ただ高校の同級生なんて20年近く会ってない。それも直ぐに時間が戻った。「あんなことあったよな。」「そういえば、あの時ああだっけ。」とか忘れていた記憶が一気に呼び戻される。
会ったのは、ココで書いたギタリストではなくて「お調子者」の方(笑、すまん)でもワタシが一番のココロを許していたのは奴に間違いない。やはり始まりは奴からだった。ありがたい。突然、「土曜、暇か。」って連絡してきた。

 たこ焼王国では根無し草だった。常に過去が繋がっていない新しい出会いの始まり。それはそれで、新しい発展形が予感されて、そこから新しい根を繋げてゆくカタチ。差し木のようなもの。
 しかしながら、如何せん仕事上での根ばっかりが繋がり始めて「これではマズイ。つまらない」って思い、ネットでの新しい根を模索して、いろんな繋がりが出来て、本当に根も繋がった人が沢山できた。(感謝!)この根は、大事にしたいと思ってます。時間が経ったら、ワタシの本当の根っこになる予感がしてます。
で、話を戻して大学・高校の繋がり。こちらは深いところで根が繋がっている。気持ちがすごく楽な感じ。根っこが同じなんで、気遣うこともない。簡単に言うとホームに戻った感がある。(一方で会社では、まだアウェイなんだけどね)そんな、こんなで根無し草が廻り回って、元の根の場所に戻ったという話。こんなのも溌剌の要因なんだと思います。

 も、ひとつ、小学・中学のディープな根が残っているんだけど、こちらは前に話した立ち位置が絶大的に違うんで、連絡をちと躊躇してる。
| つぶやき | 13:23 | comments (0) | trackback (0)
しみじみ連休だなぁ
100505
移籍や引越しで慌しくすごしてきた年度末だった。
そんなのがあったんで、今年のGWは家でのんびりできた。
いつもなら帰省の渋滞の中、車での移動が連休の一大イベントになるのだが、今年はそれもない。祖父母のとこへは、近距離なだけに楽に行き来。
引越しとかで、金欠状態なんでイベントも控え気味。
だが久しぶりにゆったりとしたGW。仕事も休みがとれたんで、コドモと映画を見に行ったりもした。天気も連休中が全部晴れ続きで、ちょっとだけ勿体無いような気もするが、また連休明けから、激務が始まると思うと、ダラダラ感もこれはこれで良いのかななんて思う。

帰省なんて過去のことで、これが普通になって行くのか。
振り返って見ると、今年のGWは良い意味でターニングポイントなんかもしれない。

絵は窓から見える景色
GWには気持ちをゆったりして改めて窓の外を眺めていた。坂の上の所在地であることは前にも書いた。通勤に伴う上り下りは、ちくっと苦痛だが、景色は前に開けていて絶景なのだ。特に夜景は、際立って綺麗です。
蛸焼き王国ではごみごみした低層住宅地で暮らして来たので、この前に開けた感じは、より気分を清清しい気持ちにさせてくれる。こんな生活もあるんだなだと再認識させてくれる。

さて、連休も終わっちまった。
明日から、また仕事だ。気分を奮い立たせて頑張らねば...。
| つぶやき | 15:45 | comments (2) | trackback (0)
あと半年伸ばしてくれよん
100424
移転した一方で相変わらず鰹叩き王国への遠征は続いている。
これまた、新天地で慣れない生活の一種の気分転換になっている。
いろんなところを放浪仕事してきたから、べったり新天地にいるよりも自分には合ってる感じ。慣れた路面電車も白や黄色の花の傍を走り抜ける。ここへ通って3回目の春かな。
車窓を流れる景色がぐっと春めいてきた。

普段の通勤が地下鉄に変わった。地上のように交通状況によって停まることもないし、便利であるものの、天気や陽光や雨の様子もわからない。木の揺れ方によっちゃ風の様子もわかる。加えて駅の景色が皆一緒だから、本読んでると、今どの辺を走っているのかすら、わからないってことになる。便利さの上に捨てたものもあるんだな。
あと、物足りないのが味噌王国のFM放送、ダメダメすぎ。語りが多すぎ。それも言っちゃ何だが、内容がくだらなすぎ。曲が始まってもいつまでも語り続けてる。選曲は802で慣れているだろうか、ジャニタレやアイドル系が多すぎ。ま、802が特殊と言ってしまえばそれまでなのだが、FM曲もポリシー持ってやってほしいな。ZIPなんて名前だけカッコ付けているけど、AM放送に毛が生えすぎた感じ。こんなんで、リスナーは、皆、納得してるんやろか。ホント。
FMはやはり音楽主体で語りは極力抑えてほしい。

そんなこんなんで探していたらネットで蛸焼き王国のFMが聞けるじゃん。
radiko.jp
流しっぱなしにして、PCしたり片付け仕事をしたりしていた。んな風に最初のうちは味噌王国でも聞けたのだ。が、しかし、しばらくして、「サービス対象地域外です。」と...。これで元の木阿弥。やっぱり味噌王国は田舎の仲間でござんす。(涙
ラジオでは地域の権益とかいろいろあるらしい。でもさぁ、そんなんにしがみついているから、こんな味噌王国みたいなFM放送を許せる雰囲気になっちまうんだとちと立腹。
そんなことで巷のご立腹を少々。

で、そうだ。
鰹叩き国が良いリラックス剤になってることは書いたけど、ここに来てヤなニュースが舞い込んできた。

何と「JALが味噌王国からの鰹叩き便から撤退」なんてことに!
味噌王国からはANA便がないので、この秋から空の足が皆無となる。

おおぃ。聞いてますか〜。
ワタシはどうしたら良いのですか〜。
新幹線と汽車で5時間かけて通いなさいってことですか〜。
前の晩から2泊しなさいってことですか〜。

あの空港はJAL空港になっていて、飛んでるのはJALだけ。他の秋田や新潟とかに飛ぶ便も撤退らしい。
となると、あの空港は「自衛隊空港」となる。
元からそうなんだけどさ。
今までがカモフラージュだったのだけどさ。ANA便がないなんて変だもんな。

おねげぇしますだ、JAL様、ANA様、お代官様
撤退を半年伸ばすか。セントレアで構いませんので鰹叩き王国へ飛行機を飛ばしてください。
| つぶやき | 12:14 | comments (0) | trackback (0)
ご ぶ さ た !
100406
ご無沙汰

長かった単身赴任生活、やっと本拠を味噌王國に移した。
お約束通りと言っては何ですが、ネットの方もやっと開通。

さすがに味噌王國−蛸焼國−鰹叩國−猿ぼぼ國の4元中継は堪えた。
いろいろありすぎて、どっから書いてもぐだぐだになりそうなので、しつこく書くことは止めとこっと。
蛸焼國で最後に飲もうと言った約束を守れなかったのが心残りっす。
無茶苦茶な日程をこなしてました。すいません。

鰹叩國へは、実は航空機で行くと、味噌王国よりも蛸焼國経由−新幹線の方が安かったりするので、うまく利用して帰阪してた。やっぱり、単身赴任も金がかかる訳ですよ。

引越しは、かのTVチャンピオンで引越王者になった業者さん。これは凄いのひとことだった。段取り抜群。積込は1時間で済んだ。見積もりは蟻さんやサカイにもとったけど、営業の対応が最悪だった。その時点でバッテン。
数十年を過ごした家、荷物も沢山あったんで、これは夜までに終わるかなんて思ったけど、さすがだった。
箱詰めした荷物も1週間ほど経た現在、やっと片付き始めた。

引越し先は、坂のある街
その坂には、綺麗な桜が咲いていて、桜トンネルが出来ている。これは圧巻。素敵な街です。
駅への通勤がとても、とてもタイヘンになった。行きは下りで帰りは上り
仕事で疲れた体には、なかなかの負荷ですわ。
次に皆さんに会う時はスレンダーなワタシをお見せできるかも!?(笑

通勤は地下鉄。今まで車窓から季節の移ろいがわかる電車で通っていたので、全部、地下なのは少し残念な感じ。問題なのは景色から次の駅がわからなくなってしまったこと。気をつけていないと乗り過ごしたりしそうデス。
味噌王國で電車に乗っていて感じたこと。
蛸焼國だったら、座席に少しの隙間があったら、おばちゃんがぐいぐい座ってくるけど、こちらは誰もが遠慮して座ってこない。良い意味で「謙虚」逆に言えば「ええ格好しぃ。」
県民性だなぁなんて思った。

また、格段に自家用車を利用しての移動が多くなった。蛸焼國では、車が多すぎたり、交通の便が良いことなどで運転する気にあまりならなかった部分もある。
そんな部分とか、今まで制限されていたこと、我慢していたことが開放され、実にのびのびと生活できたりしてます。
また、近況などはここで紹介していきます。
| つぶやき | 01:13 | comments (4) | trackback (0)
環境の変化
100111
味噌の国へ移って、ほんの一週間
週末は戻ってるから、ほんの少しだけ。でも非常に疲れた感じ。
仕事の仕方が違っているのと、生活基盤が違ってるとののダブルで来る。今までのやり方を根本的に見直さないといけないこともあったりして…。

基本的に鰹節王国をはじめとした「どさ廻り」で慣れているから、最小の装備で場所が変わっても対応することには十分対応できる。一番、対応しずらいのは、人的・物的リソース。今までは、これは誰某に聞けばイケルとか、この資料は何処其処にあるみたいな暗黙的了解があって成り立っていた。今回は、その辺からフォローしていかないといけない。これが結構、大変だったりします。加えて猿ぼぼ乃国は、雪景色。設計の方法論も根本的に変える必要があったりする。

 通勤の方は絶大的に楽になった。20分弱で通えるって、これほど楽なことかと再認識。(今までは1時間ぐらいかかっていた。)しかも、電車が混んでいないノダ。
現在は実家バージョンなんで、引越したらもっとかかるだろうが、それでも40分ぐらいでいけそう。
人的・物的リソースと引き換えに生活的リソースが充実できるみたいな感じかな。これから歳食ってゆく私にとっては、良いのかもしれないデス。

春まで週末移動が続くのだけど、その中でひとつ知ったのは、電車運賃のこと。
少しでも安くあげよう(帰還費用は半分自腹だ)と思って、金券ショップに行った。そこで出てきたのは、区間を3分割に小割りにした回数券。
名古屋−岐阜−京都−新大阪で区切ったもの。右端、左端が通勤圏なんで安くなっているというもの。JRもあの手、この手で通勤客をとろうとしてるんだなというもの。これで約5百円安くなる。うどん、いや味噌乃国だからきしめん一杯が食べられる。

そんなこんなで、変化の刺激が著しい一週間だった。
何かと戸惑うけど、これにも慣れてゆくのだろう。そう冬が来ても、そのうち春になるんでしょう。てな感じかな。
| つぶやき | 12:32 | comments (2) | trackback (0)
初春
100101
あけましておめでとさんです。
本年もどぞよろしく

異動の関係で、年末は色々忙しかった。残務と今までの資料の整理
資料を整理しだすと「嗚呼、あの頃は…。」の循環で何も前に進まない始末
それでも何とか捨てるもの。持ってゆくものを整理して次の地へ送った。
そしていろいろな方々との挨拶や飲み会。疲れたけど楽しかった。

晦日は味噌乃国にて、次の住処の地を探しつつ色々徘徊しつつ久しぶりの街の様子を探索
やっぱり味噌乃国では、運転が独特の感が必要。ウィンカー出さずに車線変更は日常茶飯
前の車の状況で次の状況を判断しないと事故する。
で、今日も2回ほど事故場面に遭遇した。殆どが他府県ナンバー。やはり帰省とか旅行とかでこちらに来ている面々なんだろう。私も感を取り戻すまでは、慎重に運転しようと思う。
色々見回ったら、面白いもので街の雰囲気が何だか掴めて来た。で、関西と比較して、ここは関西で言えば、あの辺と似てるなとか。カミさんと話してた。
多少の時間かけて探してみたいと思った。

そんなことしていたら、雪が降り出してきた。書いている今、新年午前零時、道路にも雪が積もりだした。たまりません。新年から足が封じ込めれれそう。

「行く年、来る年」を見てたら、奈良や東京では雪のかけらすら見えない。やはり味噌乃国は積雪圏なんだと実感した。

てなことで二千十年が始まった。今年はのっけから、ハードル高い積雪シーン。波乱万丈の年になりそう。(業務とかは最初から想像通りなんだけどね。)

今年も時々、こちらに時節の報告なんかを載せて行きますので、また見てやってください。
よろしくお願いします。
| つぶやき | 00:55 | comments (2) | trackback (0)

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10]




↑この広告は借用サーバーから送られてくるものでコンテンツと関係ありませぬ