<< June 2009 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
加賀の国
090628
鰹節王国の仕事は第2弾が始まった。
前に向けてのスタート
設計して考えたモノを作ってくれる仲間が出来た。前までは孤独の戦いだったけど、やっとチームで挑める。
こっから幾多の試練が待ち構えているけど、仲間がいるってことは素直にうれしい

で、少しの余裕が出来たんで資格の講習のため加賀の国に行ってきた
講習で殆ど会場に缶詰だったが、昼飯時と夕方と早朝に廻ってきた。

時間が短くて上っ面しかなぞらえなかったけど、気分転換には最高な時間だった
それにしても北の地にあれだけの美しい都市が拡がっているのに、驚いた。
(都会の人間の穿ちすぎか)
さすが百万石都市、前田の殿様って感じ。
近い将来、新幹線が開通するってことで、関東圏からはより近くなるんじゃないのかな
鰹節の国が半分、日常になりかけてきてたところだったんで、新しい刺激

イラストは市場でのヒトコマ
加賀の国はカニで有名だけど季節が季節だけに、さすがにタマは揃ってなかった。
でもマグロのお頭が無造作に売られたりして...。
やはり海産物の有名な地域、どれもこれも旨そうでした。
巷の食堂で海鮮丼を食してきました。旨かったデス。

次はもう少し余裕を持って来たいと思うのであった
やっぱり旅は良いなぁ
| 旅の途中 | 09:30 | comments (0) | trackback (0)
梅雨だな
090613暑くなってきた。梅雨だと言うのに晴れ間が続く。
じめじめしすぎるのも何だが、季節の風物詩どおりに事が運ばないときは、やっぱり後で変なことが起きる。また今年も四国の水瓶では水不足が祟るかもしれない。

前ログであげた徹夜して仕上げた仕事。簡易設計競技。2次審査まで行ってヒアリングして、結果が出た。負けた。勝つか負けるか一発勝負。
そうは簡単に勝てないんだけど、やはり負けはこたえるぞー。

でもこういう勝負って嫌いでない。どれだけのモンか自分を試す機会。結果はゼロイチ。参加者の体力を奪ってく。でも、それまで賭けたプロセスは決してゼロでないはず。

 会社からは結果だけ見て、あーだこーだ言われるけど、戦った戦士だけが、その勝負の中身を知っている。勝者のを見たけど、自分的にはアレが実現しても、そんなに嬉しくない気がした。自画自賛だな。最善と思われるモンはやっぱり自分のモンなんだわさ。それぐらいでないと、この商売やってる意味がない。おっと、ちゃんと反省もしなくては...(笑。
世の巨匠と言われる人達も、散々の負けの上に立っている。かの世界の安藤にしても然りだ。

そして勝者もこれから辛いと思うよ。数十もの敗者の上に立っている。実現の過程には敗者が繰り出した必殺技も見ることになるだろう。そこには自分達にはない技もあるはず。頑張ってほしいと思ってます。

イラストは、その時行ってきた現地の海。あじさいが咲いてた
まだ泳いでるヒトはいなかったけど、これから夏を迎えるって感じでした。

さぁてと、さっぱり忘れて次へ行ってみよう。
| つぶやき | 12:00 | comments (2) | trackback (0)

[1]




↑この広告は借用サーバーから送られてくるものでコンテンツと関係ありませぬ