<< November 2008 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
リズムセクション
drumline.png
 仕事の方は後処理的な作業をゆったりと(人間らしく)しようとしてたら、新しい仕事をぶち込まれてしまった。これで元の木阿弥。やっぱり企業、タダでは余裕をかまさせてくれない。orz
 それでも夏の非人間的な扱いから比べれば、ちったはましになった訳で、ここで強論調のログも書けることが、精神的にやっと元に戻った証拠って感じ。

コドモの学校の音楽会に行ってきた。
やっぱり音楽は良いね。気持ちを変えてくれる。コドモ達の歌声を聞いていると安らぐ。目を瞑って聞いていた。何で黙想か?
ビジュアルがダメダメだから...。小学校は制服が無いから、あーいう舞台に立ってしまうとバラバラな服装がいかにも雑多なイメージを与えてしまう。小学校は家庭の経済状況とかあるんで仕方ないけどね。上、色を白い服、黒い服とか規定したらなんて思った。
それと器楽合奏、皆、一生懸命練習してるのは判った!(笑

でも先生が決めたのか。自主応募かわかんないけど、「リズム・ベースライン」が悪すぎ。中には他のメロディラインをぶち壊しにしてるのもあった。
タイコとかシンバルとかトライアングル(レッキとしたリズムセクションだぞ)は見た目、簡単そうなんで「僕、これにします。」とかなるんだろう。
モタル、ハシルは仕方ない。でも指揮者ぐらい見ろよ>オマエら(笑

中には、ビシッとリズムが決まっているクラスもあった。「おっ、やるじゃん」と見たら細い女の子。ただいかんせん。自信無さそうな力の無いキレイなスネア
やっぱり、打楽器、ビシッと決めてほしい。
音楽の先生もメロディラインの指導でタイヘンなんだろうなぁ。

シンバルとかの指導は「トライアングルの○○クン、ここで間違えないように鳴らす。」ぐらいで終わりなんだろうなぁ。

是非「打楽器が決まっているとカッチョ良いんだぞ。」ってなことを、声を大にして言いたい。昔、パーカッショニストの斉藤ノブ御大が良く言ってた。
「リズムセクションをナメルナ」なんて言葉が適当かな。

まぁ音楽なんだから、楽しめればいいんだけどね。
趣旨に反している?

折角、上手に演奏してるんだから、あまりにも残念だったんでさ。
| つぶやき | 08:43 | comments (2) | trackback (0)

[1]




↑この広告は借用サーバーから送られてくるものでコンテンツと関係ありませぬ