<< October 2007 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
秋ですねぇ
071020

少しのご無沙汰でした
仕事の加減か歳かわからないが、久しぶりの「腰痛」
とんでもなく痛くて、PCの前に座ることすら堪らない状態だったんで、今日は久しぶりのネット。

あんなに暑かったのに、きちんと秋はやってきた
このまま熱帯になっちまうかと思ってたけど...。
やっぱり秋は良いなぁ。涼しくて、食い物が旨くて
加えて空が高いのは、気持ちがいい

とか言っていると、もう11月の声が聞こえてきてるんだよなぁ。
こっからが早いんだ。
時の流れに遅れないようにガンバロ。
| つぶやき | 08:51 | comments (2) | trackback (0)
エライなぁ江戸人
071006
お江戸に行って来た
現地でいろんな人にも会いたかったけど、夕刻出発、夜はミーティング。翌朝の予定をこなして、浪速へととんぼ返りの始末
なして、江戸まで行ってこんなんに急いで帰って来なきゃならんのか。
いろんな会いたい人がいたのになぁ。
久しぶりの出張だけに悔しい。(最近は、殆ど江戸でも日帰り出張なのだ。)
前ログにも書いたけど、ホント慌しい。

まず、品川駅に着いてビックリ。
すげーデカくて天井がめちゃ高い京急線やJR線への連絡アトリウム
それにしても、スケールがなんか馬鹿デカイ
しかし、人間もハンパじゃないくらい多い。やっぱり、あれくらいの人間の数からすると、あのスケールはありなのかなとも思う。朝早くや、夜遅くになると空間のでかさの異質さが際立つんじゃないかなんて心配したりして...。
しかし、東京駅にまで行かなくても、いろんなとこへアクセスしやすくなった。これは便利(いつの時代のこと言っているかって?仕方ないっしょ。殆ど江戸はご無沙汰だったんだから)

で、江戸で驚いたことがもうひとつ。
細い階段での出来事
人間が多すぎなのに、階段の幅が異常に狭い箇所があった。
「おいおい、こんだけ人間がいるのに、この狭さはねぇだろ。」
そこには、中央に黄色の「登り」と「下り」を示す線のみ
その時は下りの人間ばかりだった。ワタシもその内のひとり。
みんな降り口地点で線に従って、人集団が狭まってゆく...。
ええええぇぇぇ。
大阪だったら、絶対にありえない。「登り」の人間が来るまでは幅一杯使って階段を使うはず。登り下りの柵があっても、逆行してくる奴もいる場合すらあるのに...。
過去、JR線大阪駅で電車に乗り遅れて、おっさんと大喧嘩したことがある。
なんだろう。この民度の違いは。
「やっぱり大阪か」って言うフレーズが浮かんでしまう。
ちょっと外れの郊外に宿泊したのだが、そんなトコにも人は多かった。
「こんな外れにも人が一杯いるなぁ。やっぱり人多いから、皆が好き勝手したら、どないにもならんのやなぁ。」なんて思ったりもした。

で、街中では煙草を吸っている人間が一人もいないし、落ちてる吸殻もない。喫煙禁止区域のようだった。
大阪では御堂筋が喫煙禁止区域となり、違反者には罰金が課されるようになった。
早くも何人かが、罰金千円を支払っているようなことを聞く。
今後きちんと守れるのだろうか。違反者が逆切れするようなことはないだろうか。
民度が試されているような気がしないでもない。
| つぶやき | 17:37 | comments (2) | trackback (0)

[1]




↑この広告は借用サーバーから送られてくるものでコンテンツと関係ありませぬ