<< February 2007 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 >>
ばっしばっしと抜歯
070223
ご無沙汰気味
仕事がちといそがしか〜状態になってしまった...。
連日の無理がたたってか、親不知の具合が芳しくない状態に。ただでさえ丸い顔が倍の大きさまで膨れ上がった。
1本だけ残った親不知。
7年前に3本は抜いたのだが、遠隔地勤務のため歯医者に通えない状態になってしまった。で問題は無かったので、放っておいた。

その残った1本が悪さをしだした。
これまでも、疲れが出るとやばかったのだが、だましだましやってきた。
それが限界点を超えた様子

思い立ったが早い。即、電話して行ってきた。
7年も前の患者さんだったので、カルテ情報とかあるかな。と思いきやちゃんとあってびっくり。

また建替えして、内装もきれいになってた。

「どうしました。」
「奥上の親不知が痛むんです。躊躇なく抜いてください。」
「あーこれですね。見事に穴開いてます。」
orz
やはり、噛み合わせがないので、虫歯になりやすい。

「レントゲン撮影しますね。」
パノラマ撮影して、席に戻る。
席に戻ると、パソコンのモニターにもう映像がやってきていた。
「おお、すげー。デジタル。」

「これは楽に抜けますよ。」

前に抜いた時は、斜めに生えていて、文字通り「かちわって」半分手術状態だったことを思い出す。あの時の記憶があったから、歯医者への道が遠くなっていたのだ。

麻酔をして、抜いた。
もひとつ、びっくりしたのが、昔、麻酔をした際に、頬の感触も無くなり涎を垂らしてもわからない状態だったのに、今回は局所の麻酔がピンポイントで効いていたこと。

時代は変わるもんですなぁ。

抜いた後は、快適、快適
いままでは読んで時のごとく「奥歯にものが挟まった」状態だったんで、食後には紋次郎(この表現わかる?)でシーシーってやらないとあかんかったのが、もう詰まるところが無くなった今、ワタシは自由〜。これなら、もっと早くいっとけば良かった。
でも、こんな機会でもないと行けない。特に医者系は。

技術が変革してキレイになった歯科
ただ、席に面する窓がフルオープンなのは何だかなぁと思った。

ワタシ達おやじは関係ないものの、世のレディたちは大口あけて間の抜けた表情をお披露目するのはどうだろうかなんて思ったりして...。

そして、歯科医と患者さんは大目に見たとして、対面のビルから見ている人たちは嫌だろうなぁ。なんて思ってしまった。
| つぶやき | 00:38 | comments (4) | trackback (0)
そーか
070210
次の仕事に向うにあたって、その会社建物を見せて頂いた。

その時驚いたのが、男性社員がみんな、スーツの上着を来てきちんとボタンをかけて仕事をしている姿だった。
女性の方は、結構ラフなスタイルだったけど。

これって普通のこと?
(断っとく。常連さんのミキティのような裸族の方は、少し違う人種として…笑。)

ワタシ達が見学に行くから、皆、行儀良くしている風でもなさそうだったので、そこでは当たり前のことなんだろうと思う。

我々みたいな半分製造業みたいな業種だと、上着は脱ぐのはもちろんのこと。ワイシャツの腕まくり。もしくは作業着をはおって仕事をすることが多い。

スーツ上着、厳・着用の会社は辛いよなぁと思う。

仕事をしていれば腹のあたりは擦れたり、釦がとれたりしてしまう。

でも考えてみれば、中学や高校の頃は制服を来て毎日デスクワーク?していた訳だから、オカシイことでも何でもない。
むしろ、カジュアルな服装で仕事をしている会社こそ最新の会社で、上着着用が普通の形態なのかもしれない。

十数年、今の形態で仕事してきたんで、結構驚きだった。

それにしても、上着着用が厳命だったら、スーツ代は辛いよなぁ。確かに必要経費に計上したいと思う。

そう言えば学生時代は、学ランの肘や膝の部分がテカテカになったよなぁ。安いポリエステル混合の学ランだったから、光りやすかったっけ。
自分だけでなくて、廻りが皆テカってたっけ...笑。
お調子モノの奴は、スライディングとかしてテカりに磨きをかけていた。

毛の良い奴着てた奴らのはテカらなかった。(隠れた部分に格差があった訳ね。)
あの頃は、そんなこと気づかずに、皆平等だと思ってたっけ。
と言うよりも、そんなこと気づかせさせずに、学生生活を堪能できたっけ。

おっと、話が全然違ってた。

今、ウチで上着着用厳守なんて言われたら、一笑に付すだろうと思う。
服装のキチンとしてることとモノを創り出す能力とは、あんまり比例しないかな。

でも今回のお相手はキチンとされていることがわかったので、ワタシも少しキチンとしないといかんと思った次第です。
| つぶやき | 19:59 | comments (5) | trackback (0)
節分
070203今日は節分
近所の神社の節分祭に行ってきた。
今まで、3日は平日と重なっていて毎年は見物に行けてなかったが、今年は都合良く土曜日と重なっていたので、コドモ連れて行ってきた。


近所の神社と言っても、ココの節分祭は結構イケてる。

「鬼は外、福は内」のような撒豆とか撒餅とかでなくて、本格的なのだ。

簡単に言うと聖護院ばりの山伏たちの祭りなのだ。

袈裟と篠懸(すずかけ)をまとい、手には錫杖を持った山伏達が祭りに花を添えてくれている。

地域が山が近く、本当に昔、山岳信仰があったみたい。

昔、この地に引っ越してきて、この祭りを見た際、驚いた。地方でも、これだけしっかりとした祭りを守ってるとこあるんだなぁって。

山伏の人が印を結びながら、唱える

「臨兵闘者皆陳列在前」

帝都物語/荒俣宏でおなじみのドーマンセーマン。九字を切った。

渋いねぇ。ちゃんとやってた。

コドモは、ほら貝としゅうしゅうと舞い上がる真っ白な煙に歓声をあげていた。

それを見て、帰りには当然!

「太巻き寿司」を買って頂きました。
(恵方まで向いてまでは食べなかったけど...。)

でも、これって関西だけなのか?
| つぶやき | 22:47 | comments (8) | trackback (0)

[1]




↑この広告は借用サーバーから送られてくるものでコンテンツと関係ありませぬ