<< April 2006 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
コメント調整中
060430

連休が始まった。
巷では9連休なんてあるんだろう。
しかし、ワタクシ、庭園の方々の「カレンダー通りに決まっているやん。」てなお言葉で、カレンダー通りのお休み
ただ、連休も休み過ぎると行くとこも無くなるし疲れてしまうので、これはこれで健康のために良いのかな。今年は、そんな休みになりそうです。

細切れの休みを利用してやりたかったこと。
このブログにもコメントスパムが沢山やってきてた。
海外サイトが多いのですが、日に100近くやってきてた。
表示させないようにしていたので、表面上は良いのだが、それでも消す作業は萎えておったのです。

それでスパムホイホイならぬ、スパムフィルターならぬものを設置して試しています。

結果、面白いぐらいに獲れる。獲れる。
うはうは

でも、通常の人々も引っかかっている方がいらっしゃいましたらBBSの方に書きこんでください。調整します。

よろしこ。
| つぶやき | 19:36 | comments (11) | trackback (0)
行楽シーズンですな
060424
今日は打ち合せ時間の関係で電車を少し遅めのものに乗車した。
出勤層が落ち着いた時間帯、座れるだろうと思いきや全部埋まっている。
よくよく見るとリュックサックに帽子をかぶったシニアのおばさんたちが占めている。
気候も良くなってきたので、ハイキングにでも出かけるみたい。
「仕方ないなぁ。」と思いつつ乗りこむ。

そして次の駅で最悪の事態が発生
小学生の遠足集団が乗りこんできた。

彼ら集団は先生が彼らの状態を把握しないとアカンので大体が固まって、単一の車両に乗りこんでくる。寄りにも寄って、自分の乗車している車両へ...。

押し合い、へし合いの満員状態。彼らは足元がしっかり座ってないので、あっちにフラフラ。こっちにふらふらが続く。ワタシも押されてヨレヨレ状態
中には、窓際に強引に移動していく悪ガキたちもいて、制御不能状態。

これには「ついてないなぁ。」の感慨。

次の駅で乗ってくる人々の顔色をうかがうのが楽しかった。
特に列の先頭で「よし絶対に座るぞ」の気合で並んでいる人々の顔色がおもしろかった。
結構な時間並んで、結局自分の乗りこむ車両は、小学生の動物園状態...。
自身の運のなさを呪ったことだろう。
決まって落胆の顔色をしていた。

小学生の彼女・彼らには、当然「座るのはイクナイ。」のせんせのお達しがある。しかしながら、大人でも結構ずっと立っているのは疲れる乗車時間。中には当然、脱落系のコドモもいる。
ひとりの彼女しゃがみこむ。
「おい、立ってろよー。」と男子が無理やり立たせる。また座り込む。この繰り返しが続いていた。廻りの大人も心配げに顔を覗き込む。
何とか下車する駅までもったので良かったものの、あのまま続けば、やばかっただろう彼女。先生も満員電車の遠くでは目が行き届かないし、見てもなかった。(イイのか!)
あの雰囲気ならば、廻りの大人が助けただろうと思う。それも遠足のヒトコマかな。

思い出してみると、ワタシの遠足はバスばっかりだった。
それはそれでゲロゲロ系のこととかあるんだろう

けど、電車での遠足は、それ以上に色々ありそうだ。
乗り遅れの奴とか、駅構内で迷子になる奴とかいるんだろう。

彼女にとって、この電車での遠足は苦行の思い出になることに違いない。
| つぶやき | 01:46 | comments (6) | trackback (0)
意味不明な・・・
060422

ゆったりした休日
運動不足を自覚して、少し遠目のブックオフまで散歩がてら出かけた。
気候はもう春も終わりの感じがする。
あれほど咲き誇っていた桜が、散り散りとなり道路にその余韻を残している。
誰が掃除するんだろと思いつつ、気持ち良い散歩を楽しむ

やはり本は古本で買うとお得なんだよなぁ。
実際問題、十年来ハードカバーの新書なんて買ったことがない。

しかし、古本を巡っているといろんなものに出くわす。

文章の中のアンダーライン
「ここは絶対覚える」みたいな書きこみ

時にはひどいものもあった。
数ページ毎に、張りつけてある 鼻 毛

まるで図ったように、引っ付いていて「うげっ」となった。
しかしながら折角買ったんで勿体無いんで、全部読んだけど触らないように細心の注意をして、読後すぐに捨てた。

今日も何か変なメモが挟まっている古本に出くわす。

SF系のもの
吸いよされるように手に取り、パラパラと頁をめくる。
そこに1枚のメモが挟まっていた。

「父の日には、肩をたたかない。」

お世辞にも上手な字ではない、たぶん野郎の文字
コクヨのメモパッド...

それにしても、この本の持ち主にいったいどんなことが起きたのか。
けんかでもしたんだろうか。
今時の息子たちが、父の日に肩を叩くのだろうか。
わざわざ書いていると言うことは、普段の父の日には肩叩きのサービスをするのだろうか。
物凄く気になるメモ

SFだけに、何かのメッセージだったのか...。
それだとすると、あまりにも気持ち悪いので、買わないことに決めた。

古本屋にはいろんな物語が落ちている。

(この物語は作ってなくホントの話です。)
| つぶやき | 16:11 | comments (6) | trackback (0)
ただほど...
060419
何だかログが久しぶりとなってしまった。
と言うのも書けないことが多すぎ
むずむずだけど、書けない。
しかたないよなぁ。

まぁ、そんな中でもちとしたことを

良く会社のフロアーに、コーヒーなんかのサーバーが置いてあると思う。
ウチにもそれが置かれることになった。
で、最初の3日間だけ「無料サービス期間」が設定された。
来るわ、来るわの大盛況。(笑

フロアーはコーヒーの匂いで充満
で、けち臭いことで有名なA氏
来ないなぁと初日に思っていたら、来ました。来ました。
最終日、朝イチで来て、一日3〜4回
最後には、何人も引き連れて

笑ってしまった。

でも、あいつは来ないだろうなと思っていた奴はやっぱり来なかった。
来訪者は、ワタシの見立てとほぼ同じで笑えた。

ワタシも一杯だけ頂きました。
エラそうなこと言えない。

しかし、明日からサービス期間が終了する。
さて何人来ることやら。
| つぶやき | 23:08 | comments (7) | trackback (0)
電車での雑誌
060411
また一週間が始まった。
庭園系の方々のお守りみたいなことが続いている。
気持ちが入らないと進む。進む。(やば。笑)
ま、いいやな。こんなもんかってな感じ
それでも、時間が刻々と過ぎていて疲れる。

そんな気持ちで電車に乗りこみ、つり革にだらりとつかまる。
「あー疲れた。」
新人と思わしき座っている兄ちゃんたち
パリパリのスーツとピカピカの靴
それでも、やっぱり疲れている。
「そうよ、社会人なんてそんなもんさ。」と心の中でつぶやく。

んで、彼らが広げている雑誌に目が行く。
覗き込んでいるわけじゃない。見えてしまうのさ。

一人は飲み屋の紹介の記事がイッパイ載った雑誌
「おお、旨そうだな。いいねぇ。俺も行きたいさ。」

もう一人はと言うと
社会人のTPOみたいなのが載ったマニュアル的な雑誌
「何だかなぁ。そんなん読まないと会社を渡れないのかなぁ。」

やっぱり不安なんだろう。
社会に出て、それなりの常識を学習しようとする態度は見上げたもんだ。
(職業柄?そういう雑誌を読もうと思ったことはないです。)

でもだ。
どっちの兄ちゃんが会社と言う社会で大成するかはわからない。
ただ、どちらの人生が楽しいのかと聞かれれば、即答できる。
当然、飲み屋雑誌の兄ちゃん。

雑誌に書いてあるTPOなんてピッタシカンカンになることなんて殆どない。要は起きることに対してどう臨機応変にこなしていくかなんさ。
時に乗り越えられない波を見送ることもあるし、誰かにオネガイしてしまうこともある。

TPOの兄ちゃんも、5月ごろにはそんな雑誌を「アホくさ」と卒業してもらうことに期待する。変にGW過ぎまで、それを引きずるとドロップアウトの確率が高くなりそう。

雑誌というもんを買わなくなって久しい。
今はネットで殆どの情報が手に入る。

それに電車の中で雑誌(特に写真付きのやつ)を広げていると、そのヒトの内容や考えていることがわかってしまうようで何だかこっぱずかしい。

ふと、そんなことを考えた夜更けの電車だった。
| つぶやき | 01:15 | comments (8) | trackback (0)
すごい時代な
060409

久しぶりに休み
花粉症の家族に遠慮して外出も控えめ
ここに色々書けるかなと思ってネットに接続
ネットで話題になっているのはと。。。

何だこれ
Youtube
最初は戸惑いながらも何となくポチポチクリックしてく
ん、これは動画の共有みたいなもんか...。

げっ何でもありだな。こりゃ
著作権なんてあったもんじゃねーです。

でも、懐かしい歌手名をいれていく
こんなんとかこんなん (笑

あーおもしろいなぁ。
ログも書かずにずっと遊んでた。
コドモもアニメの主題歌聞きたいとか言うんで色々見てた。
時間がどんどん過ぎてた。

中でも引っかかってしまったのがmameさんちで前に紹介されていたサンボマスター

いつか聞きたいと思っていたけど、CD買うほどの気持ちにはならずに今まで来てた。
見た。

引っかかりましたよ。
これぞロックって感じ。
ギター、ベース、ドラムだけのシンプル骨太
イイ!

昔、やってたテレビ番組「イカすバンド天国」を思い出した。

「あの番組が無くなって以来、こういうバンドが出る機会が少なくなったなぁ。」なんて思いつつ、色々見た。中でもロックフェスティバルの映像には参る。

たった3人で、4万人近くを動かす。
大したもんだ。

それもテクでもルックスでもなく、語りとハート
こりゃ凄い。

ひさびさに良いもの見せてもらいましたデス。
| つぶやき | 00:53 | comments (4) | trackback (0)
ニューフェイス
060403
桜も咲いた
街にはまたフレッシュマンと思わしき若者たちがあふれだした。
やっぱりわかる、彼ら
行動や言動に出てくる。
何よりも姿、スーツがサマになってない。

今年は特に良くわかる。
昨年までは、不況だったのかしらないが、ニューフェイスがつるんで歩いている姿はあまり目立たなかった。
今年は好況になったのか、至るところで見かける
終電頃になると、新人研修帰りに同僚と飲みに行った集団に出くわす。
バブルの頃以来かもしれない。

しかし、どうして揃いも揃って同じ髪型なんだろうか。
どっかのファッション誌にマニュアルみたいなのがあるんだろうか。
おぢにはわからん。

何を隠そう、新人だったころ
見ず知らずの他社の新人に

「先輩、昨日はごちそうさまでした。」

と言われた過去がある。(苦笑

(おいおい、俺もアンタと同じ新人だよ。)

不思議なことに5月ぐらいになるとそんな姿も落ち着いてくる。
彼らもそれを乗り越えたら、いっちょ前に近づくだろう。

-----------

話はガラリと変わるけど、フェイスと言えば街の道すがら、見目麗しきレディたちの顔のアップ写真がずらりと飾られていた。

これだけの美人を集めると壮観。
やるな、資生堂!

やっぱり、人それぞれに好みは変わるんだろうなぁ。
何だかんだいわれているが、顔的には広末顔が好みかな。
| つぶやき | 01:31 | comments (5) | trackback (0)
ソーリーな
060402

春休みで帰っていたコドモ達を迎えに新大阪駅に行っていた。
少し早めに着いて駅のコンコースで本を読んでいたら、おもむろに近づいてくる人間がいた。

エキスキューズミー

顔を上げると外人だった。
眼鏡をかけた、エスタブリッシュな方に見える。
何でワタシに...

I want to go to Kitasenri...

ん、北千里に行きたいのか。
だけど、新大阪だから阪急に接続してないぞ。
JRか。それとも地下鉄経路か。
アタマの中で経路を探す。

結局、簡単なJRの経路を教えることにする。

Change here JR railwais line.
Go to Osaka.
And there. Change Hankyu line.
And go to Umeda Station.
そんなことやること4〜5回
むにゃ。むにゃ...

問題発生。
大阪と新大阪がどうも伝わっていない。
しかも阪急は梅田だ。

何とか阪急電車はわかってもらえたようだが、新大阪−大阪−梅田の関係はどうも理解してもらってない様子。

これで日本の人間が英語が全然ダメだなんて思ってもらったと思うと萎える。
実際、無茶苦茶な文法なのだが...

でも、この大阪の同じ場所の駅名を違う名前で呼ぶ点は、ホント紛らわしいのだ。うちのばぁちゃんに伝えても間違っておった過去を思い出す。
しかも、大阪と新大阪って説明しずらいったらありゃしない。

そして、北千里線ってなものも阪急がどこで接続してるかをアタマの中でぐるぐる路線図がかけめぐる。淡路か十三か...。
それすら思い出せない...。

日本語で説明できないものを、英語で説明できないのは当たり前なのだが...。

今日ほど英語をもっと勉強しておけば良かったと思った日は無い。
| つぶやき | 00:34 | comments (6) | trackback (0)

[1] [2]




↑この広告は借用サーバーから送られてくるものでコンテンツと関係ありませぬ