<< February 2006 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 >>
金メダルだ
060224

ダン ダン パン ダン ダン パン
スケートリンクでは観客が手足でタクトを刻む

ご存知Queenの名曲We will Rock Youでもやってるアレ
キムタクのドラマのホッケーシーンでやってたので、日本だけのもんかと思っていたら世界でもやってたのね。向こうが本家でした。

リンクの上では、男達が体をぶつけ合い小さなパックを奪い合う...
向こう側では、殴り合いすら始まっている。

氷上の格闘技

やっぱり個人競技が多い冬季オリンピックの中で団体のこのアイスホッケーは見ていて熱くなる。男子競技の花形だな。
日本が出ていないのはちと寂しい。

さぁ、どこの国が勝つかな。
アメリカ、カナダが負けてしまって欧州勢の対決になったなぁ

実は、昔、ホントにアイスホッケーやろうと思った。(笑
幼いながらも、見ていてカッコ良かった。
でも道具が高くて、リンクも無くて断念した。
ボンビーだったのです。

でも小さい頃、良くスケート場へ連れていってもらったなぁ。

今でも借りるのはホッケーシューズ(カッコから入る。笑)
あれってフィギュアの靴と違ってエッジの先にギザギザがない。
歯もホント薄い。
最初は戸惑うけど、慣れると動きやすいし、小回りも利く。

おっと思い出に浸っている場合でない。


花形と言えば!
女子フィギュアスケートで、荒川選手、金メダル!

やりましたね。

おめでとー

ホント、これだけ不振を極めた今回のオリンピック
最後の最後にやってくれました。

値千金の金だと思う。

村主選手も惜しかった。
コケてもないのに、あの米国の選手より下なんて何か解せない。
採点競技って難しい。

金メダル
日本に元気をくれたようです。
ありがとございます。
| つぶやき | 01:30 | comments (9) | trackback (0)
ブレイクっ
060219

オリンピックもメダルが遠いんで、サッカー日本代表も忘れてはならないつーことでテレビ観戦した。
勝利した。良かった。
小野選手の動きだけが際立っていて、見ていてやっぱり抜けてるなぁなんて素人ながらも思ってしまった。

しかし、それ以上に合間に流されるCMにくぎ付けになってしまった。

中村俊輔&デルピエロの闘い
面白いじゃん。アクセスしちゃったよ。
(フラッシュで見れます。)
そのうち、結果もわかるんだ。楽しみ。イタ公に負けるな!

しかしながら、それ以上にびくーりしたのが、ナイナイ岡村のブレイクダンス

奴は大晦日のインチキ挑戦が印象深い(でも見ちゃうのよね。アレ)

これだけ踊れるなんて思ってなかったさ。
見かけによらんなぁ。
| つぶやき | 01:57 | comments (10) | trackback (0)
車窓から
060216

地方に出張してきた
車窓からはのどかな風景が見えていた
こんなところにもと思えるようなところにもポツポツと家々がある

想像してみる
気の良いじぃちゃんとばぁちゃんがゆったりとした時間を過ごしている
開口部は全開放

近所のおばちゃんが縁側から話し込んでいる
「これ食べてみ」

車窓からはそんな豊かな時間すら見えてきそう
満員電車の喧騒から少し離れると気持ちがゆったりする。

しかし現実は過疎に苦しんだり、世帯の高齢化に苦しんだりもあるのだろう。
現実は難しいな。
社会的なインフラが朽ちかけているのも遠目にも見て取れる。

帰ってきたら、新しい任務が待ち構えていた。
条件設定・調査業務に近いもの。川上の任務のお手伝い。
もの作り人としたら、最後の結果に建物と言う実体に直接関われないこの任務はちと遠慮気味

勤め人、仕事に選別はいかんのだが、モチベーションは最後の建物の実体があるがために保たれる。低給だけに、その部分だけはこだわりたい。
誰かさんの、しかも他社の方のためのお膳立て任務。

いためられても、虐げられても、エゴと言われようが川下でもの作りに関わっていたいぞー。
たぶん、ワタシたち種族は、その一点でいろんなこともガマンできているのだと思うのだ。

この件で気持ちをまさに認識できた

うーん、こちらの任務。やり投げ。おっと投げやりになりそう

一方で、車窓から見えたあの田舎に実体が立つ任務も継続されるのだ。
神様、そちらに気持ちが傾くのは許してくだされ。
| 旅の途中 | 23:52 | comments (4) | trackback (0)
Fight Nippon!
060212

いやぁ、寝不足になりそう。

オリンピックが始まってしまった。

モーグル女子は上村選手、残念だった。
やっぱりさぁ、点数制ってもどかしいよなぁ。
あれだけ難易度が高い演技してもダメなんだもんなぁ

冬季オリンピックは見せ場が多くて見ていて楽しい。
スノボのハーフパイプ
真っ青な空に飛んでる姿を見ていたら絵を描いていた

今回は、メダルはダメかもしらんけど

ガンバレ、ニッポン!
| つぶやき | 00:51 | comments (8) | trackback (0)
作戦負け
060211

♪トモダチ ガム ガム トップガム
コドモたちがずっと歌っている

こちらまで伝播してしまうじゃないか...。
低予算で良い宣伝だ。
CMは金かけるだけでなく、やはりインパクトだな。笑

地方へ行くと、まだローカル色の濃い「静止画のCM」が良く流れている。
それでも意図は充分に伝わってくる。

最近のCMは物凄く金かけている。それはそれで見ていて楽しいのだけど、効果が見られなくなれば、変化するのかもしれない。

もしかすると将来、ネットが隆盛を極めると、TVのCMもローテクに戻って行くのかもしれない。

話は変わるが、スーパーへ行った。
最近、至るところにガチャガチャが置いてある。
あれはイカンですな。
中でも目玉商品があって、百円に押さえられている奴は要注意。
安い(百円は安くないのですが...。)のに気を良くして、次々に挑戦してしまう。

それにしても、ミニチュア良くできています。
大人でも見とれるぐらいに精巧。
ワタシたちのコドモの頃のグリコのオマケに比べたら、大変化。

目玉商品が出るまで、次々に挑戦してしまう。馬鹿モンですわ。ホント。
いわば、相手の作戦にはまってしまったカタチ。

挑戦総計、千五百円。。。。
やっと目玉商品が出た。

相手の思うツボだ。。。orz
| つぶやき | 19:46 | comments (6) | trackback (0)
鏡像
060204

年始から急仕上げでやってきた仕事
やっと終わったって感じ
しかも追いこみの終わりに風邪からくる腹痛で悩まされたまらんかったです。汗
今年の風邪は胃腸に来るのか
皆さん気をつけてください。

そんな中、休みに仕事場へ向う地下鉄駅で見た風景
市政などの情報を流しているテレビモニターを何気に見ていた。
頭の中は、あの部分どうしよっかな。なんて考えていた。
そのワタシの視界を横切ってつかつかとモニターの前に立つ女性

「おいおい、こちらがテレビ見ているやろ。」
「それにそんな前に行かんでも画面は見えるやろ。」

しかし彼女の目的は番組でも何でもなかった。
モニタ−の枠はステンレスの鏡面の枠で出来ていた。
そこに自身の姿を映して、チェックしてた。
ワタシが画面に注目していたのを知っていたはずなのに、彼女は意に介せず自身のチェックを続けていた。やっと姿に納得したのか、彼女はそ知らぬ顔で去っていった。
それだけなら、まぁ女性の身だしなみ程度に思うところ
続けて若い男がやってきて、全く同じことをした。

それには、おおっ恐るべしステンレス鏡面!
なんて思った。
(最近、実際のところも危ない個所はホンモノの鏡は使わずにステンレスの鏡面を使っているんですよ。)

それにしても、自身の姿の映るところは至るところにある。
都市に住んでいると、地下鉄の車窓にしろ街のウィンドウにしろ投影されるところは数限りない。皆、そんなところで自身を確認している。
多分、こう言っちゃ身もフタもないだろうが田舎に行けば、そんな反射率の高いものはあんまりない。自身をチェックすることが少ないから、お互い様で廻りの目もそんなに意識が無いように思うと言ったら言い過ぎか。

まぁ、イイっか。
チェックするのも緊張感があって。

今までステンレス鏡面って指紋が付いたり、メッキみたいにピカピカしてるところが安っぽく感じちゃってあんまり使ってこなかったけど、今年のマテリアルのテーマは鏡面で行ってみるか。
そこでは、ちゃんとうら若きお嬢さんが顔をチェックできるよなスペースにしたてて見よっと。
| つぶやき | 23:51 | comments (9) | trackback (0)

[1]




↑この広告は借用サーバーから送られてくるものでコンテンツと関係ありませぬ