<< June 2005 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
少し朧光がみえたかな
050617

ずーっと、ぐだぐだと建物をこねくりまわしていた。
オモテ、ウラ、アタマ、シタ...。
どこかひとつでも破綻してるとこがあれば、やり直しだ。

今まさに、建物がアタマの中でやっと完成した感じなのだ。

今まではデキルという感覚でしかなかったので、なんやらモヤモヤモヤモヤした感じがしていた。

骨格決めて、肉をつけて、中に流れる血を決めて、次は衣装だ。
この体格に相応しい衣装は何かって考えて、頭のてっぺんから足の裏側まで衣装を合わせる。

今回のはちと難しかった。
いつも難しいんだけどね。
違った生物を相手しているようだったが...。

でも何となく全部ストン、ストンと収まった感じがする。
これからパーツごと細胞レベルで決めていかなければならない。
これで後戻りすることも多々ある。
そこにはどんどんと問題が出てくるんだろうけど、とりあえずは見えた感じがする。

あとはそれを図面に落とす作業がまっている。

まだまだ陽光が射すのは先だけど、とりあえず中間地点さ。
| つぶやき | 21:32 | comments (10) | trackback (1)

[1]




↑この広告は借用サーバーから送られてくるものでコンテンツと関係ありませぬ