<< April 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
情は無いのか
071102
忙しかっぜ、兄貴〜。
結構、書きたいことがあったけど、忘れてしまった。
だめだ。キチンとメモしとかないと忘却の時間が滅茶早くなってきた。
今日は、提案のプロジェクツが終了して、久しぶりの休日。休み無かったノダ

中日ドラゴンズが53年ぶりに日本一を決めた。味噌王国出身として、メデタイことだけど、引っ掛かる気持ちが強い。
8回まで完全試合をしていた山井投手を9回にあっさり変えたこと。
巷でも賛否両論。非情の判断をした落合は正解。勝利のために個人は犠牲となっていい。投手出身の監督じゃないから、あんなことできる...。
「本人がここまでで一杯一杯。マメが潰れた」とか言い訳めいたことを言ったとのことだが、実際はハラの中では悔しさ一杯だったんじゃなかったか。実際は彼ではないんで、その辺は妄想でしかないのだが...。
結果、完全試合で日本一を確定したのだから、落合監督の判断は正しかった。
だが、パーフェクトなんて投手人生で出来る人間なんて、ほんの一握りしかいない。9回にヒットでも打たれれば、誰もが納得できたと思う。それを勝負の前では、あっさり切り捨てた。
プロ野球って「勝てば官軍」で良いのだろか。頂点に勝ったという結果は残るが、記憶の上では、パーフェクトピッチングを切り捨てた勝利って感じか。これじゃ人気に翳りがみえるのも当たり前だな。

振り返って、今回のやってたプロジェクツの上の人間とダブった。
性格的に勝つことだけをを身上としてる団塊世代。
完全に意見対立。「提案とは基本的条件を満たしてムダなことは一切書かないもんだ。」との考え方。
一方のワタシ。「少しアソビ(遊びまで行かなくて余裕って意味)が無いと、相手のココロに響きませんぜ。」
今回は情報持ってきたのが上だし、立場的にも上だったんで基本的には折れたのだが、ココロの中では、もし勝利しても絶対にやりたくねぇー物件となった。
 まぁ落合監督とは比較にもならないくらい小物なのだが、昔、取った杵柄で、その勝利の方程式に揺らぎはないみたいで、意義を唱えたもんならば「甘い。だから勝てないんだ。時間が無い。勝利の上では、そんなものは関係ない」とか言ってた。でも、それを言うならばアナタも勝利してないんだよね〜(蔑。
ぎりぎりになって変更言ってくるんで苦言を吐くと「個人の時間は業務の上では関係無い。勝負の上では瑣末なこと」めいたことも言ってた。この業界、時間の概念なんてあってないもんだけど、それはキチンとその業務に気持ちが入ってるとき。今回は、上役の他人の意見を受け入れない態度に丸っきり業務的に流すつもりだったんで参った。「おいおい、あんたのための慈善事業してるんじゃねーんだぜ。こっちも生活があるんだぜ。時間は限りあるんだよ」と激昂したよ。
もともとこの人。言いすぎの偏りがあって、座敷牢に上げられて誰も相手にしなくなった状態なんで、廻りの雰囲気も「やれやれ」って感じなんだが...。不快なもんは不快だったのさ。

何か中日の話からそれちゃったな。ま、いいか。
激昂して、こんなクダをこんなとこで吐いてるのもアレだが、こんなとこで無くちゃクダも吐けない。ああ、ここがあってヨカッタ

さて気分を変えて次だ次(いらだち風)
| つぶやき | 10:16 | comments (2) | trackback (0)
秋ですねぇ
071020

少しのご無沙汰でした
仕事の加減か歳かわからないが、久しぶりの「腰痛」
とんでもなく痛くて、PCの前に座ることすら堪らない状態だったんで、今日は久しぶりのネット。

あんなに暑かったのに、きちんと秋はやってきた
このまま熱帯になっちまうかと思ってたけど...。
やっぱり秋は良いなぁ。涼しくて、食い物が旨くて
加えて空が高いのは、気持ちがいい

とか言っていると、もう11月の声が聞こえてきてるんだよなぁ。
こっからが早いんだ。
時の流れに遅れないようにガンバロ。
| つぶやき | 08:51 | comments (2) | trackback (0)
エライなぁ江戸人
071006
お江戸に行って来た
現地でいろんな人にも会いたかったけど、夕刻出発、夜はミーティング。翌朝の予定をこなして、浪速へととんぼ返りの始末
なして、江戸まで行ってこんなんに急いで帰って来なきゃならんのか。
いろんな会いたい人がいたのになぁ。
久しぶりの出張だけに悔しい。(最近は、殆ど江戸でも日帰り出張なのだ。)
前ログにも書いたけど、ホント慌しい。

まず、品川駅に着いてビックリ。
すげーデカくて天井がめちゃ高い京急線やJR線への連絡アトリウム
それにしても、スケールがなんか馬鹿デカイ
しかし、人間もハンパじゃないくらい多い。やっぱり、あれくらいの人間の数からすると、あのスケールはありなのかなとも思う。朝早くや、夜遅くになると空間のでかさの異質さが際立つんじゃないかなんて心配したりして...。
しかし、東京駅にまで行かなくても、いろんなとこへアクセスしやすくなった。これは便利(いつの時代のこと言っているかって?仕方ないっしょ。殆ど江戸はご無沙汰だったんだから)

で、江戸で驚いたことがもうひとつ。
細い階段での出来事
人間が多すぎなのに、階段の幅が異常に狭い箇所があった。
「おいおい、こんだけ人間がいるのに、この狭さはねぇだろ。」
そこには、中央に黄色の「登り」と「下り」を示す線のみ
その時は下りの人間ばかりだった。ワタシもその内のひとり。
みんな降り口地点で線に従って、人集団が狭まってゆく...。
ええええぇぇぇ。
大阪だったら、絶対にありえない。「登り」の人間が来るまでは幅一杯使って階段を使うはず。登り下りの柵があっても、逆行してくる奴もいる場合すらあるのに...。
過去、JR線大阪駅で電車に乗り遅れて、おっさんと大喧嘩したことがある。
なんだろう。この民度の違いは。
「やっぱり大阪か」って言うフレーズが浮かんでしまう。
ちょっと外れの郊外に宿泊したのだが、そんなトコにも人は多かった。
「こんな外れにも人が一杯いるなぁ。やっぱり人多いから、皆が好き勝手したら、どないにもならんのやなぁ。」なんて思ったりもした。

で、街中では煙草を吸っている人間が一人もいないし、落ちてる吸殻もない。喫煙禁止区域のようだった。
大阪では御堂筋が喫煙禁止区域となり、違反者には罰金が課されるようになった。
早くも何人かが、罰金千円を支払っているようなことを聞く。
今後きちんと守れるのだろうか。違反者が逆切れするようなことはないだろうか。
民度が試されているような気がしないでもない。
| つぶやき | 17:37 | comments (2) | trackback (0)
慌しくなってきた
070930今度は「鰹のたたき王国」(わかるかな)へ行ってきた。
地方都市の小さな小さな建物の件
営業のヒトと上のヒトは、ずっと追っかけてたみたいなんだけど、こちらからすれば完全にスケールメリットが無くてやれば、必ず赤字になるような物件です。
そんなとき、あなたならどうする?

キバナコスモスが咲き誇ってた。
南国の太陽の下、オレンジの花が鮮やかだった。
彼岸花も秋の訪れに合わせて咲いていた。

暑さがいつまでも続いているように思うが、少しずつ秋に近づいているらしい。

こうやって遠征に行くと、そこかしこで自然の移ろいが見られる。
やっぱり旅は良いねぇ。



仕事が一段落して、次へ向けていろいろなとこで慌しい。
星の動きによると「牡羊座の満月」と言う始まりの時期と重なってる模様
(あんまりそういうこと気にしないけど、これだけガラガラとモノが始まる雰囲気は久しぶりなのだ。うまく行くかはわかんないが、動きがあるって雰囲気アリアリ)

んで、ココにも書くこといろいろありそうで、ちとデリケートな部分があって書けないのがもどかしい。

他には、大学の頃の同窓会みたいなこともしてきた。
大学のあった地方都市は寂れてた。昔から場末の感じはしたのだが、それに磨き、いや衰えがかかったと言った方がいいのか...。
一瞬で大学の頃に戻った。やはり中学の同窓会よりもフィーリングが合う感じがした。

スナックで飲んだけど大阪では信じられないくらいの安さだった。
やっぱ、相場はこれぐらいが良いな。
| つぶやき | 13:14 | comments (4) | trackback (0)
漢字が書けない...
070914

ひょんなことから、資格試験なるものを受けた。
資格はあっていいのか悪いのかわかんないが、上の人間が持ってる資格で、それが無いがためにいつも、その人間と組まないとイケナイってとこかな。
取れば、その人間から開放され自身で引っ張っていけるってとこからかな。

久しぶりに勉強した。
建築士の試験のときと同じように、殆ど電車の中でだけど...。
電車の中は最適な勉強空間なのだ。
家はコドモ達が叫んでいたり、テレビで面白いものやってたりするんで駄目なんです。勉強の仕方って忘れてた。でも暗記力はやってくと復活するもんですね。
脳トレーニングってホントに必要なんだって痛感した。
ひさしぶりに染み込んでくって感じが戻った。

試験には小論文みたいなモンもあったんだが、これが曲者。
結構、ブログなんかに文章を書いているもんだから、文章なんて大丈夫さと思っていたら大間違い。パソコンあってのモノダネ

手書きで原稿用紙に書くってことが、無くなって久しい。
文章のカット&ペーストは出来ないわ。ワンフレーズを挿入したいが、その箇所は文章の先頭部分...。最初から書き直すには時間がないから、あきらめ。
おいおい、大丈夫か...てな感じ。
そして、文字制限の後ろの部分が余ってしまったから、構想で描いていたものから新しい文をでっちあげ。(こういう部分は、ブログで文章書いていてヨカッタなと思う。作ろうと思ったらツラツラ出てくる。笑)

で、一番愕然とさせられたのが、漢字が書けないってこと。パソコンでは変換すれば一発で出てくるのを良いことに、漢字を書くってことをいかにおろそかにしてきたかってことに直面させられた。頭の中には、きちんと熟語が形成されているのに、それにあたる漢字が思い出せないから、漢字を知っている稚拙な単語に置き換えたりした。
皆さんも、一度、初心に帰って、原稿用紙に一発勝負の文章を書いてみると、面白いことになりますよ〜。愕然とするはずです。

まず、この「愕然」って漢字が書けないはずですわ...笑

え、試験感触?
それは聞かないでください。わからんのです。
受かったらよかばいなぁ。
| つぶやき | 23:18 | comments (6) | trackback (0)
夕なぎ
070829

関わっていた物件が本当に、終了した。
盛大に竣工パーティが行われて、本当にワタシの手から旅立った。
寂しいようでうれしいようで...。
最後にお施主さんから、いくばくかのご褒美も貰えたりして・・・。
頑張った甲斐がありました。

さて、これからまた次の仕事へのアプローチ。アプローチ。

と言う訳で、さらに自分と家族とに、ご褒美ということで伊勢・志摩まで遊びに行ってきました。夏の旅はいつも終わりになっちゃうなぁ。
でも、ちゃんと海でも泳いで来ましたよ。
クラゲも発生していなくて結構人も多かったデス。
すべて忘れてのんびりしてきました。
夕刻まで海でのんびりして、夕日に染まる凪に心洗われる気分。
やっぱり海の夕刻は好きだなぁ。

宿では、最近では何処でも普通となってしまったバイキング。
それぞれの家族が、それぞれの夏休みを楽しんでました。
気づいたのが、この地が「味噌文化圏」と「たこ焼き文化圏」の中間点にあるってこと。
食事しているそこいらで「〜だがね。」とか「言うてへんやろ〜。」とかが混在していて面白かったデス。

朝もバイキングだったんですが、どこでもあるように「和食」と「洋食」が選べるようになってた。
ここで、味噌文化圏とたこ焼き文化圏で、嗜好性があるかななんて思っていろいろ観察していたんですが、そこには何もの関連性はなかった。
たぶん、東北とかだったら顕著に出たんじゃないかななんて思ったりして...。

で、翌日には、ここまで来たということで伊勢神宮にも寄って、今後の仕事の発展と家族の健康をお願いしてきました。
酷暑の中、内宮まで歩くのはホネが折れました。暑かった〜。
参拝後、おかげ横丁赤福氷を食べてきました。冷たさに頭がキーンとなるも美味しかったデス。
夏の風物詩だなぁ。これも!

そんなこんなで、夏休みも終わり。
さて、また仕事に頑張るぞぃ

それにしても、暑いなぁ。
早く秋にならないかなぁ。
| つぶやき | 22:13 | comments (2) | trackback (0)
困ったぞ
070818味噌王国に行って帰ってまいりました。
行き帰りもそんなに渋滞に巻き込まれることもなく快適なドライブ
孫−祖父母たちは喜んでいたんで良かったかなと

それにしても暑いですねぇ。
日本は、このままどうなってしまうのだろうと思ったりして...。
本当にコドモ達が大人になった時には、熱帯地帯になってたりなんて想像する。
その時は、日本の植物もパパイヤ、マンゴーの世界なんだろうか。

植物と言えば...。
あと少しで夏休みも終わるのだが、困った事態が発生した。

コドモが1学期に学校で植えたホウセンカ
理科の授業で成長の記録を付けるために植えたらしい。
一昨年はあさがお、昨年はミニトマトときて、今年はホウセンカらしい。


夏休みは学校では水をやる人間がいないので、家で水遣りをしなければならぬと持ち帰ってきた。

コドモ達が先に味噌王国へ帰ったときも、父はせっせと水遣りを欠かせなかった。
我ながら、愛情が移ったりもした。
帰省から帰ってきた際には、ちとしおれていたのだが水遣りをしたら生き返ってホッとした。
しかしながら、様子を見ているとどうもおかしい。
本来ならば、もう開花しても良さそうなのだが、一向に花を咲かせるそぶりはない。
ワタシもホウセンカなる植物がどんなものかイメージに無かったので、ネットで調べてみた

で、家ですくすく(笑)と育っているのは、絵のような感じ。
まるでセイタカアワダチソウなのだ。
うーん、これは雑草じゃねーか。(涙

やられたと思う。
完全に植生を乗っ取られた。
もっと早く気づけばよかった。
やっぱり雑草は強い。

それじゃ観察日記にならんなぁと思い、今日、園芸屋に行って「ホウセンカありませんか。」って聞いたら、「春に植えるモンは今はない。」と寂しい返答...。

こうなったら仕方ないんで、コドモには「この雑草の観察記録を付けて、学校に持っていけ。きちんと写真を撮ってやる。」と父。
雑草だって、けなげに生きているんだ。これだって立派な理科の観察だ。

それにしても、学校で発芽のあたりから見ているんなら、他と違うなら先生も気づいてくれよ〜。

どっかにホウセンカ分けてくれるとこ無いかなぁ〜。
| つぶやき | 20:02 | comments (8) | trackback (0)
暑いねぇ
070812

向日葵の花が太陽に向かって、これでもかと咲き誇っている。
暑い中で、一心不乱に太陽に向かっているこの花は夏にこそ相応しい。

2週間ぶりのご無沙汰です。
それにしても、暑いですねぇ。

ちょっと間が開いちゃったのは、やっと現場仕事が終わったと思ったら、お盆までにコンペあるからって、急に仕事が入った。
前ログに書いたようにプール行って、完全に夏休みモードに入ったと思ったら急に…。
最初、「無理、無理、やらん。」って言っていたんだけど、ゴリ押しされて仕方なく受けた。
と言うことで、先週はログ上げもせずに、土日も仕事にいそしんでいました。

また庭園系の方々のご乱心。
どうしてギリギリになるまで、放っておくんかなぁ。
どうしようもなくなってお盆休みにかかるまでのぎりぎりのスケジュール

どうにかカタチにして、提出出来た。

これでやっと盆休みに突入できそう。

明日から、味噌王国に行って来ます。
渋滞だなぁ。
これも季節の風物詩だ。
我慢するとするか…。
| つぶやき | 00:19 | comments (8) | trackback (0)

[3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11] [12]




↑この広告は借用サーバーから送られてくるものでコンテンツと関係ありませぬ