drag_on ' s firebreath
久々に。
1年ほど放置気味のこちらに書き込んでみる。昔は、なんていうのもあれだが、携帯から文章かいて、推敲して、なんてことをしていたけど、最近めっきりなのは、インターフェイスとしてのツールが、劇的に変わってしまい、慣れない手付きでipadを触っているからかもしれないし、140文字の呟きというか、ボヤきが手軽すぎて、慎重に言葉を選ぶ習慣が無くなったともいえる。更に最近はinstagramにハマり、言葉のない会話を楽しんでる。言葉がないだけに、国境を軽く越えて様々な人にフォローされ、どうや..
松丸本舗
お約束どおり、誰がなにを言おうと、今日は最後の夏休みである。因みに今日から3日まで休む。人生メリハリが必要なのだ。さて、そんでもって、この休みをどうするか、というと、うちの親もすっかり元気になったし、マイルも十分貯まっているので、ぶっちゃけ遠出でも、と思っていたけど、どうしてもねずみの国に行きたい娘達のために、渋々行くことにしようかと思っている。折角だから、人をアトラクトする魅力などをリサーチするんだ、と言い聞かせながら。気がつけば、多分、自由に自分の思い通りになる休みは2日..
虹。
東京、下町。
[PR]注目のキーワード「里関」
稀勢 里関 | 白 里関 | 関 | 横綱 里関 | 連勝 里関
NIKE+
とりあえず、走ってみた。
Chicago
最近、何故かシカゴのレコードを買ってしまった。(笑)16と17はそれぞれ、1982年と1984年のリリース。中学生真っ只中の時代、間違いなく否応なしに聴いた曲だったりする。それは単に、好きだった女の子が好きだった、という単純な入口ではあったけど、今となって考えると、皆あの当時、何らかの洋楽に興味ある女の子は、ボズやシカゴ、トトにいく時代だったんだと思う。「素直になれなくて」、「忘れ得ぬ君に」など、気恥ずかしい邦題に、David Fosterの癖のある泣かせのメロディーがガッツ..
[PR]注目のキーワード「ビデオ流出」
ハノイの塔
今年の娘達への誕生日のプレゼントを買うために、本屋で何冊か見繕って買い求めたのだけど、とても懐かしい本があったので、即買い。算数おもしろ大事典―IQ Amazon.co.jp ウィジェット厳密にいうと、1977年出版の学研の図鑑「数・形」の焼き直し版だ。親に買ってもらい、夢中で読んだのが今から30年前。これは絶対買い。大人でも楽しめるはず。とても印象的だったのは、「ハノイの塔」という物語が書いてあって、コンピュータ業界の人にとってはお馴染みの物語だけど、ザックリな説明をすると..
イッツアスモールワールド
あっという間に冬休みが終わり、何時もの生活スタイルに戻ってしまった感ありで、更に風邪というか、子供のアレがうつったかもしれなくて、戦々恐々。こういう時はひたすら大人しくするしかないのだけど、休み中に行ったネズミの国の余韻がまだ残っているようで、少し熱にヤられた頭の中で、あのメロディがリフレインしはじめる。ネズミの国の定番、ボートに乗って世界を旅するアレに今回も乗ってきたからだ。古き良きアメリカの世界観を体現した、イッツアスモールワールド。アメリカ的なバイアスの入った世界観をそ..
新聞。
最近、新聞を読む暇がない。ぶっちゃけ携帯依存症なので、殆んどニュースは携帯経由だ。酷いときはミクシーニュースばかり。(笑)郵便受の新聞はそのままリサイクルの袋に入れられることも多くて、最後には交換されてトイレットペーパーになる。なんだか高いトイレットペーパーだな、と思いながらも、購読を続けている。新聞は編集方針その他により各社、いろんなバイアスがかかる。記事の取捨選択、重み付け。1面から始まるレイアウト。それは当たり前の話であって、そこから本当の真実を探るのが新聞を「読む」醍..
掘り出し物
実家から、長らく納戸に眠っていたキーボードを運びだした。コルグのDW-8000というやつで、アナログシンセからデジタルシンセへ移行する過渡期の代物だ。80年代半ば。当時のオーバーハイムやローランド等のアナログシンセが、ノコギリ波やパルス波、ノイズを削って音を加工していたのに対し、サイン波を加算して音を作っていくという、デジタルシンセDX-7がヤマハから発売された時期だ。前者は暖かみのある分厚い音が出る反面、様々な倍音を持つ金属的な音はリングモジュレータ等の組み込みが必要だった..
実家の修繕計画
実家は築27年。実際に住み始めてからは14〜15年ぐらいだろうか。実態としてはかなり年期の入った住宅だけど、鉄骨ALCなので、表面上はなんとか持ちこたえている。ALCの内部側からの劣化は・・・いうまでも無いのだけど。入居時に外壁の再塗装と内装のクロスの張替え。7年目に再度外壁の再塗装、金属屋根の再塗装と陸屋根防水のやりかえ。12年目に水廻り(バスルーム)の改装とクロスから塗り壁への変更。定期的に補修費用をきちんと捻出する親には、全く頭が上がらないけど、それが本来、家と接する正..
プチ旅行。
日帰りの旅第一段。立川から特急に飛び乗り一時間。考えてみると都心に通う時間ぐらいの距離に、温泉やらなにやら、まあいろんな観光地がある。山梨県の人には申し訳ないけど、仕事の縁がないということもあり、普段の自分のイメージマップからは確実に山梨県が欠落していて、西の方角へ向かうとすぐに長野県のような錯覚に陥ってしまう僕をお許し下さい。かつてはよく鈍行列車の旅をして、建築巡りなどもしていたのだけど、甲府の印象がどうしても思い出せないのだ。でもこの作品。丹下ケンゾーの「山梨文化会館」が..
P.I.
昨夜は社内にて、広告業界の某氏による、広告媒体におけるパブリック・インボルブメント手法についての講演会。講演タイトルは違ったと思うけど、ぶっちゃけ内容はそんな感じだった。住民参加、或いは住民参画と翻訳されるこの手法が、まちづくりや公共の建物に導入されて久しい。ただ、それがどのように評価され、成果として結実するのかはまだ暗中模索の域をでてはいない。それは多様化するニーズと評価軸を柔軟に包含し、かつ新しい方向性を指し示すことの難しさがある訳で。一方で、広告業界の仕掛けるインボルブ..
同窓会。
一昨日は仕事を途中で抜けて大学の合同クラス会なるものに参加してきた。とはいえ、別に同期がいる訳でもなく、どちらかと言えばお年を召された方の懐古サロンの色彩が濃厚なのだけど、会社の(問題ある?の人ではない)上司が幹事をやってる都合、人数合わせのために駆り出された、というのが正直なところ。大学の最寄りの駅を降りて、通い慣れた道を歩いているつもりでも、まちの風景はすっかり変わってしまって、脇道に入る場所を間違えてぐるっと遠回り。気がつくとブルーベリーとミントの匂いの入り交じった某菓..
ラーメンから学ぶこと
いろいろネットでもリアルでもお騒がせしておりますが、(>_<)・・・実のところ、弾け気味なのはプライベートばかりでなく、先週末辺りから仕事に忙殺されてる身だったりもする。毎日赤羽通いも定着しているというのに、おでんをつまむ暇もなく、速攻会社に戻る毎日。夜ご飯ぐらいはゆっくり美味しいものをと思うのだけど、勢い速攻で食べ終わるものになるわけで。でも昨日は久しぶりに豚骨ラーメンが無性に食いたくなり、わざわざ移動途中の駅で降りて食いに行ってしまった。その店は博多に本店があ..
国技館の屋根
何回も見てるはずなのに、今日見たら何か変。そう、屋根の頂部が可動式になっていて、パッカリ空いてる!何か出てきそうな勢い(^O^)